うわー!!

名前って親から子供への最初のプレゼントと言う風によく言いますよね。でも、子実際に子供を産んでみて、名付けをしたら、本当にその通りだな、と言う風に思いました。子供がうまれてくるまえから一生懸命になって考えて・・その子が幸せになれるように、とか、こういった風になったらいい根、と言うのを想像しながら・・そして、その名前で一生生きていく・・でも、実は私は最初は自分の名前と言うのが好きではなくて、と言うのも、何だかあまりにも平凡な名前だったので・・けれども、今こうやって大人になったら、自分の名前に誇りと言うか、その意味も含めてとても好き、と言う風に言えるようになりました。

でも、この名前・・って結構危険で・・と言うのも、日本ではいい名前だねとか、平凡な名前であっても、海外に行くとかなり変な意味だったり・・残念な事になる、という事も多々あるのだそう・・実際に何があるのか・・・というと、私の友人にも沢山いるコウタという名前はドイツではうんこという意味になってしまうらしい・・なので、恋人同士とかでドイツに行って、街中でコウタ!なんていったら・・変人扱いされること間違いないですよね・・(汗)しかも、私の知っているコウタさんは・新婚旅行でドイツに行きたいのだとか・・と言うのも、ドイツはビールの本場だから・・と言う理由らしいのですが・・・くれぐれも大きな声でコウタと言う風に叫ばないように言っておこう・・(笑)

他には、男の子の名前ランキングで1位になったハルトと言う名前はアラビア語のハリトと言う言葉の発音に似ているそうで・・これは彼に疲れた・・と言う意味になってしまうらしい・・これも、何だか、街中で言っていたら、喧嘩でもしているのかな?と言う風に見られてしまいますよね・・(汗)

でも、本当に名前と言うのは大事にしたいな、と言う風に思うし、これから子供がその意味を知っても好きになってほしいな、と言う風に感じるのです。でも、海外では注意だな・・・