自分自身が言いたいことを

初めに会社説明会から参加して、学科試験や面接試験と運んでいきますが、他のルートとして具体的なインターンシップやOBへの訪問やリクルーターとの面談等による活動方法もあります。
第一希望からの内々定でないからということが理由で、内々定についての企業への意思確認で思い悩む必要はない。就職活動が終わってから、見事内々定をもらった応募先から選ぶといいのです。
別の会社に就職しながら転職のための活動をするケースでは、周囲の知人達に相談にのってもらう事も微妙なものです。無職での就職活動に見比べて、考えを聞ける相手はかなり少ない人数になってしまいます。
数え切れないくらい就職試験をやっているなかで、納得いかないけれども落とされることで、活動を始めた頃のモチベーションが日増しに低くなっていくことは、努力していても起きるのが普通です。
現在の時点では、希望する会社ではないかもしれないけれど、いま求人中のそことは別の会社と照らし合わせて、ほんの少しでも良い点だと感じる所は、どのような所かを思い浮かべてみて下さい。

面接というものには「関数」とは違って完璧な正解はありません。どこが良かったのかまたは拙かったのかという判定の基準は会社が違えば変わり、恐ろしいことに同一企業でも担当者ごとに全然異なるのが今の状態です。
とうとう用意の段階から面接の局面まで、長い順序をこなして内定を受けるまで到達したのに、内々定を取った後の出方をミスしてしまってはご破算になってしまいます。
自分自身が言いたいことを、いい方法で相手に話せなくて、いっぱい恥ずかしい思いをしてきました。いまの時点からでも自己判断ということに時間を要するのは、とうに遅いといえるでしょうか。
必ずやこのようなことがやりたいというはっきりしたものもないし、あんな仕事もこんな仕事もと思い悩むあまり、結局は自分が何がしたいのか面接で担当者に、伝えることができないので困っています。
いま現在、就職のための活動をしている当の会社が、はなから希望している企業でないために、志望理由そのものが記述できない不安を持つ人が、今の頃合いには少なくないのです。

この先、発展が続きそうな業界に就職したいのなら、その業界が現実的に成長中の業界なのかどうか、急な拡大に照応した経営が営めるのかどうかを見定めることが重要なのです。
具体的に勤務したいのはどのような会社なのかと質問されたら、答えに詰まってしまうが、今の勤め先への不満となると、「自分の評価が適正とは言えない」と感じている人がそこかしこにいます。
面白く業務をこなしてもらいたい、多少でも条件のよい待遇を呑んであげたい、優秀な可能性を開花させてあげたい、ステップアップさせてあげたいと雇っている方も思っているのです。
ひとたび外資系企業で働いたことのある人のもっぱらは、元のまま外資の経験を続ける好みがあります。つまるところ外資から日本企業に就く人は、稀有だということです。
まずはその企業が100%正社員に登用する制度がある会社なのか否か見極めてから、可能性があるようなら、とりあえずアルバイト、派遣などとして働く。そして正社員になることを目指してください。

欽ちゃんの結婚話は好きです。

萩本欽一さんの結婚秘話を含む「欽ちゃん物語」みたいなドラマが、小堺一機さんの主演でありましたよね。
何年前でしたっけ。
私は「欽ちゃんが結婚していた!」と大騒ぎになった時期をリアルに知っている年代ですから、「ああ、こんなことがあったのか」と懐かしく見ていました。
欽ちゃんの奥様はストリップ小屋の売れっ子ダンサーで、前座で出ていた欽ちゃんを可愛がっていた方。
縁あって一緒に暮らすようなったのでした。
しかし、売れはじめた欽ちゃんを見て「私なんかが居ては」とそっと家を出る。
「ふさわしくない」「足手まといになる」そういう気持ちで身を引いたのでしょう。
それを欽ちゃんは探し出してプロポーズ。
今に至るのだそうです。

あの頃はこうした自然な出会いで結婚に至るのが通常。
あるいはお見合いという形式的なもので、お互いの両親や仲人を通しての知り合った男女が結婚していたのだと思います。
あの頃の人は今の時代のように結婚相談所や婚活パーティー(東京では頻繁に開催される)なんかに頼って婚活をしなければなかなか結婚に至ることが出来ないなんて、誰が予想したことでしょう。
それはさておき、あの時代に克美茂という歌手がいました。
エイトマンの主題歌を歌っていましたので、そう言われると。。。と思い出される方もいらっしゃるでしょう。
はじめはロカビリー歌手としてデビューしたのですが、歌謡曲歌手に路線替えをしてからは紅白出場も果たしたような人です。
いわゆる大スター。
しかしその人気は続かず、それでもスター生活を始末できない克実さんは多大な借金を作り続けます。
キャバレー回りの仕事などで食いつなぐ克実さんを心から愛したホステスのある女性は、「離婚をするから結婚しよう」という言葉を信じて自分が先に夫と離婚をし、必死で働いて克実さんの生活を支え続けたのでそうです。
ホステスの収入では追いつかなくなりソープランドで働き、そうやって貢ぎ続けたその額は数千万円。
それでも克実さんは現妻と離婚はしません。
そんなある日、克美さんに再起の話が舞い込んできます。
10年ぶりの新曲発表。
その女性は絶対に離れないと心に決めますが、克実さんはその女性を邪魔に思います。
スキャンダルは致命傷です。
そしてとうとうキャンペーンに同行すると言い張ったその女性を、克実さんは殺してしまうのです。
キャンペーンに旅立った克実さんの車から滴り落ちる血と放つ異臭で、その事件は発覚します。
女性の遺体がそこから発見されたのです。
「妻子ある男が愛人女性から結婚を迫られ続け思い余って殺害したには同情の余地がある」と判決が下され、実刑10年が言い渡されました。
刑期の10年を送ること無く7年で仮出所しました。

「迫られ続け」とはいえ、数千万円も貢ぎ続けた女性の心は浮かばれませんよね。
いざ売れそうになれば、今度は邪魔者扱いって。
そりゃ妻子ある男性ですから「背徳的」ではあったのでしょうが、「離婚」をぶら下げてお金を引っ張っていたのですからね、克実さんは。
なんでそんな判決だったのかと、いまさらですが怒りが湧きます。
10年はいいのです、その「同情できる」という地裁の判断に腹がたつのです。

ただ、判決に従い罪を償ったとされる元受刑者の克実さんが、いま責められるべきものは何も無いのですが、欽ちゃんの結婚秘話を思い出して、欽ちゃんという人は心ある人だな、お嫁さんも流石の人だなと、そちらの方に心が打たれたのです。

「大」節約!

今週の、「大」節約献立、です。

月:ドライカレーライス コールスローサラダ
(合い挽き肉300グラムにタマネギと人参、キャベツの芯、残っていたブロッコリの芯。キャベツと人参でサラダ)
火:かき揚げ丼 キャベツのみそ汁
水:鶏胸肉のカツレツ キャベツ千切り ポテトサラダ
木:さんまの塩焼き 人参の炊き込みご飯 見切り品のちくわとこんにゃくの炊いたの
金:牛すじ肉のシチュー(残っていた赤ワイン利用、他にトマトピューレを購入。野菜はタマネギのみ)パン焼き器でハイジパン風を焼く。家にあった強力粉とイースト菌使用。キャベツの千切りと残っていた冷凍コーンのサラダ
土:バンバンジー風(ゆでた鶏胸肉ともやし、自家製ごまだれ)餃子(豚ひき肉とキャベツ、餃子の皮)わかめとスライスタマネギのラー油醤油がけ
日:ちゃんこ鍋(白菜、えのきだけを購入、少量のこって冷凍してあった豚バラ肉、あらたに購入した鶏ひき肉で鶏団子、焼き豆腐(見切り品)、残っていたマロニーちゃん、足りないので小麦粉をねってすいとん、ごはんで最後は卵をといた卵雑炊)

うーむ。
最強記録かも。ちなみにうちは5人家族。これで一日1000円でやってみました。まあ、かなり量とかも我慢させたかも(涙)
それと、調味料とかそういうものが在庫があるからできるんですよね。このあたり、夫はよくわかってなくて、「なんで今週に限ってこんなにお金がかかるんだ」って言われる時があるけど、サラダ油や醤油、味噌とかマヨネーズ、パスタ作ったら粉チーズとかね、そういうものが意外とお金がかかるんですよね。
おかずの食材だけなら、たぶん、1000円でもけっこういけるかも。
あ、それとわが家は都内23区です。物価は決して安くはありませんし、近所からお野菜わけてもらったとか、卵もらったとか、そういうのも皆無です。

だけど、正直、節約もちょっと辛くなってきた……。
長くつづくと、ストレスたまってきますね。そんなこと言うのってそれこそ「贅沢」かもしれないけど。
たまにはぱーっと、スーパーとかで財布を気にせず、食べたいもの、おいしそうなもの選んで買い物したいです。

庶民のこういう暮らしっぷり、政治家ってわかってるのかね、などとガラにもないことを考えながら節約がんばった1週間でした。

肩こりに悩む

もとから肩こり症状がひどくて、なにかといっちゃぁ、マッサージにかかり、温泉につかり、湿布をはってなんとかすごしています。
根本的には姿勢を正すとか、背筋などの筋肉をつけるとか、改善方法は医療的にもあるのでしょうが、けっきょく、肩こりは肩こりであって、素人療法に頼りがちですね。

わたしもマッサージに行く時間がない(あるいは財布がさみしい)ときや、今すぐどうにかしたい、というときは、よくネットなどで検索してツボ押ししてます。

だけど、ツボ押しって、どうも今ひとつ、よくわかりませんね~。なかなか丁寧な解説とか、図とかものってますけど、問題は自分が押してるのが「本当にツボなのかどうか」はっきりとわからないってことなんですよ。
きいてる、と思えばきいているような気もする……が、変わらない、つまりどうやらツボをはずしているのではないか、と思うとそういう気もする、とどうも中途半端な状態になりがちです。

特に肩というか背中のほうのツボはだいたい、自分でもちゃんと目で確かめられないからよけいにわからないし、指3本分、とかも、私の指と夫の指では太さが違って押す位置も変わってくるんで、それで大丈夫なのか!? という不安ももたげてきます。

プロのマッサージにかかっていても、たまに「なんか、この人、はずしてる……」ってこともあるし、うまいなぁと思うひとでも、ツボを的確に押しているというよりかは、全体的に上手にもみほぐしてくれて、楽になった気がする、ということのほうが多いような気がします。

それでも、夜におそいかかってくる肩こり、は辛くて、ついついネットの画面見つめながら、「きっとココだ!」とか思ってツボ押ししてるんですけどね。

それを見た夫が、「あのねぇ、そんなに肩肘はって、モニターながめてるから肩こりするんだよ」とあきれたように言いました。
そ、そうだよね。
肩こり解消のためにモニターにらみつけて、肩をいからせていては、症状がよけいに悪化するばかり……。

やれやれ。
それにしても外人には肩こりがないとか耳にしたことあるけど、別に金髪もナイスバデーも青い目も憧れないけど、肩こりのない外人体質には心底、あこがれます。

かき揚げは大人気

かき揚げは、給料日前の救世主ですよね。
わたしの母もよく25日間近になると、「精進揚げよ」と残っているやさいを総動員して作ってくれました。

うちでもよくかき揚げをやります。お財布がさみしいときも、そうでないときも、子供たちが大好きなものですからよくリクエストされます。

もっとも人気なのが、普段はあまり好きでもない「人参」ですね。人参は人参だけでかき揚げにする(つまりは天ぷらなんですが)のが子供たちの好みです。きっと揚げて甘くなった人参がおいしいのでしょう。
それと、ごぼうですね。あとはタマネギと桜えびも香ばしくておいしいものです。
大人のほうは、冬場だと春菊がいいですね。ちょっと揚げづらいのですが、春菊の苦みと甘みがたまりません。春菊、タマネギ、桜えびにしてかき揚げにしています。
大人の場合は、ちょっと奮発して小柱やホタテ貝を使うと、酒の肴に最高です。こぶりに揚げて、カゴに白いペーパータオルをしいて、紫蘇やししとうなど青ものの天ぷらを添えて、カレー塩などをだすと、夫も大喜びです。

ところで、その大人も子供もうれしいかき揚げですが、夜ご飯では私もわかっていて大量につくります。正直、揚げ物なんで嫌になるときもあるんですけど、うちは家族全員、このかき揚げを翌日に甘辛く煮て食べるのが大好きなんです。私の母がそうしてくれていたからやっているのですが、夫の母もよく同じように残り物の天ぷらを煮付けて、ご飯にのっけて丼にしてくれたそうです。
そういえば、前に向田邦子さんのエッセイでも「精進揚げのにつけ」でお母さんの思い出を書いているのがありました。

あれは昭和の時代のお母さんの「定番料理」だったのでしょう。
でも、平成うまれのわが家の子供たちも「今日は何にしようか」と聞くと、ハンバーグよりカレーよりも「かき揚げ!」などと声がかかりますから、案外と平成時代でも人気がある料理なんですね。

天ぷらは油を使いますし、後の処理も面倒です。実際に揚げるお母さんはけっこう大変なんですが、わたしは割り切って、缶ビール片手に楽しみながら揚げるようにしています。時々、つまんで、台所にこもりがちな揚げ物に苛立ったりしないよう(笑)
平成のお母さんはそのあたり、うまくやっております。

叔父さんを招いて

お義母さんと、その弟(つまり夫から見ると叔父さん)がわが家へ遊びに来ることになりました。
お墓参りに行ったついでに、なんとなく、うちが近いから寄ろうか的な話になったようですが、お義母さんに「悪いけど、あなたの料理の腕を自慢しちゃったから、なにかよろしくね」と電話をもらったので、嫁としてははりきらざるを得ません。

さて、私も何度か会ったことのある叔父さんなのですが、さらに夫にリサーチすると「とにかくお酒ならなんでも好きだが特に冷酒が好き。量はあんまり食べないが、刺身は好きだし、ずっとつまみながら飲む」といいます。奥さんを亡くしてしばらくたちますし、今回はすでに社会人の息子さん、つまり夫のはとこも後から合流することになって、私もちょっとあわてました。

そこでいろいろと考えて、まずお刺身はいきつけの魚屋さんに盛り合わせを頼みました。
それだけだと芸がないので、まぐろはたたきにして、大根おろしで和えたものを、白身は芽ねぎを巻いてポン酢をかけて、と少しずつ、手をくわえて、小鉢3種類に刺身をもりつけるようにしました。
それから、ささみときゅうり、ちくわはゴマをすってマヨネーズと醤油で和えたもので前菜がわりに、少し肉っぽいものも欲しいので、牛肉のしゃぶしゃぶ用のいいところをさっと霜降りにしたのを、千切りにしてパリっとさせたやさいの上ののせて、ラー油をまぜたピリ辛のごまだれを回しかけました。
小松菜としめじはおひたしに。それに切り干し大根をさっとゆがいて甘酢に漬けたものを箸休めにだしました。
お漬け物だけは、義母の自慢ですので、これは持参してきてもらうことにし、若い20代のはとこのために、春巻きの皮に鶏肉と梅を巻いたもの、海老と香菜、アスパラとかにほぐしみ、をタネにして和風かわり春巻きを数種類つくりました。これはからし醤油でもポン酢でもいただけるようにしました。
他にうちの子供たちも一緒に食べられるように好物の筑前煮もつくりました。これはわが家では「ちくわぶ」をいれるのが特徴で、モチモチしたちくわぶが甘辛く煮付けてあっておいしいのです。

本当は私はイタリアンとかのほうが得意なのですが、叔父さんが冷酒好きということで、こんな献立になりました。
結局、普段いただいているような家庭料理とあいなりましたが、叔父さんも喜んでくれましたし、なにより義母がうれしがってくれて、がんばったかいがありました。

小さな争い事

夫婦喧嘩というほどでもないのだが、ときおり、「ちぇっ」と思うことがある。
夫も私も飲んべえだけど、どういうものか、この「飲みたいな」というタイミングが微妙にずれるときがある。
週末は大抵飲むのでかまわないのだが、平日は一応、健康のため、「酒ぬき、一汁三菜」の献立でご飯を食べる。とはいえ、根が飲んべえだから、ちょっとしたことで「今夜は少し飲もうか」みたいなメールのやりとりになる。
たとえば、夫は会社でいいことがあったとか、あるいは悪い事があったとか、私は子供の幼稚園行事で忙しくて疲れたからとか、スイミングで子供が進級したからなんとなくうれしくて、とか、まぁそういう、暮らしの日々のなかでちょっとした「飲みたい」気分のときだ。

おおかたは、「お、いいね」とか「いいですよ、おつきあいしましょ」みたいな気楽なやりとりで、私のほうはあわてて酒の肴をみつくろう感じなのだが、たまに夫のほうが「今日は疲れてるからいい」とそっけない返事を書いてきたり、私のほうが「外で飲むならいいけど、作るのが面倒だからいや」とかやんわりと拒否する。

そうすると、帰宅した夫と在宅していた私の温度差がはっきりとあって、お互いどうもぎくしゃくする。私はどこか不機嫌だし(私が飲みたいときは)、夫が飲みたくて私が今イチのときはこれみよがしに焼き鳥とか買ってきてひとり手酌で飲む夫の姿に逆にわたしがむかっ腹をたてることもある。だが、こういうときも大抵は最後は相手の飲む姿にあおられて、結局ふたりで飲むことになる。

たいしたことではないのだが、こうした小さい諍いというのは案外とイライラとする。でも、まぁ、最後は酔っぱらって、仲直りするんだけどね。
だったら、最初から楽しく飲めばよかったと思わないでもないのだが、お酒にも勢いというのが必要で、そういうタイミングがあんまりあわないときは、もうお互いにあきらめて、どちらかが先に寝てしまう。

うちはモノを投げ合うとか、何日も口をきかないといった派手な喧嘩はしないのだが、こうしたジミ~な争いというのもそれなりに神経をすりへらす。
結婚して20数年たつというのに、案外とくだらないことで喧嘩になるもんだなぁと書きながら呆れてます……。

見守りたい登下校

少し遠くの皮膚科に行く必要性があって、子供を小学校でお迎えし、近くの駅から電車に乗りました。
うちの学校は公立にしてはわりと大規模で、遠くから通っている子も少なくありません。電車の便もいいので、越境通学がおおいのでしょう。

ホームに行って、ちょっとびっくりしたのですが、けっこう子供の電車に乗るマナーというのが悪いんですよ……。
ホームでふざけているし、大声をだしたり、階段のところであがったりさがったりしている。それぐらいならまだしも、高学年の子が低学年の子のランドセルの乗っかったりして、危ないったらありゃしません。

思わず叱りつけましたが、叱られた子はぽかんとして、それから案外と素直にあやまって、あわてた様子で次の電車に乗っていきました。

だけど、改めて考えてみると、普段は徒歩通学のわが子ですが、やはり通学途中でふざけていないとは言い切れません。
わざわざ確認したり、見張る必要はもちろんないけれど、たまには出たついでに子供がちゃんと歩いているか、人に迷惑をかけていないか、交通ルールを守っているか、確かめたほうがいいのかも、と思いました。
学校が始まった4月当初はみな、緊張したり、気を付けているようですし、学校のほうでも厳しく指導し用務員さんなんかも見回りをしているので子供もきちんとしています。でも、だんだん慣れてきて、ふざけたりしたくもなるのでしょう。子供ですから、怒られないとそのままエスカレートしがちです。

ですが、電車に限らず、通学途中というのは命にかかわるような危険なこともあるわけです。
時々、思い出して、親のほうでも「ちゃんとふざけないで歩いてる?」とか「この前見かけたけど、学校から帰る道は決めてあるのになんで別の方角から帰ってきたの?」と少しでも変わったことがあれば、とりあえず、本人と話して、注意をうながすべきなのかなと思いました。

昔のように、角のタバコ屋のおばちゃんがいつも登下校を見守ってくれていて、地域のおじいさんが「危ないぞ」と声をかけてくれるというわけでもなくなりました。
そういう意味でも親のほうが、何度も繰り返して子供にルールを叩き込む必要があると思います。

ちょっとした工夫で

料理をしていて、しみじみと思うことのひとつに、「お金をかければうまいにきまっとる」という真実です……。
食材がおいしければそのまんまでもおいしい。値段だけではないはずですが(旬のものはたくさん出回ればお手頃になるから)、しかし、やっぱり、お値段の高い某スーパーのレタスと、安売りのレタスでは味が違うのは事実です。

そうした部分とは別に、もうひとつ、「料理は見た目も大事」という真実があります。
本当にうまいもの、たとえばよく猟師さんが釣り立ての魚を船の上でさばいてそのまんま食べるとき、あれは確かに見た目どころの話ではなく、だけどとてもおいしいものでしょう。
そういう例外はあるでしょうが、基本的には家庭の料理も「見た目」はある程度大切なような気がします。

私の母は料理上手で評判の人でしたが、いつだったか「私はそんなに変わったものや凝ったものは作っていない」と笑って言っていたことがあります。でも母は「一枚、青いものをあしらうだけでおいしそうに見える。おいしそうに見えれば、あとはまずくさえ作ってなければ、ああおいしい、と言ってもらえる」というような意味のことを嫁ぐ私に言ったのです。

そういえば、母は、鶏のからあげをもりつけるときはししとうを素揚げしたものを添えたりしていましたし、ステーキにはクレソンを、そして赤粒胡椒を輸入スーパーで購入してきて、それを散らしたりしていました。ステーキに緑のクレソンが添えられ、白いマッシュポテトがあり、その上に赤い粒胡椒がのっているとぱっと見た瞬間に「おいしそう」となりますもんね。

盛りつけ方、は案外と難しく、特に家庭ではさほど食器が揃っているわけでもありませんし、大きな器にこじんまりのせていては、わが家のように子供が3人もいては大変面倒です。
でも母の教えを守り、コロッケを大皿に盛りつけるときも少し緑のやさいを添えたり、夫の酒の肴には藍色の美しい小鉢を用意して、そこにちょっぴり珍味をのせてみたり、じゃこをまぜたご飯なら、上から枝豆や紫蘇をちらしてみたり、ぱっと見た印象が「おいしそう」となるように少しでも工夫しています。

やっぱり、食卓について、並んだお皿を見たときに「おなかすいたー、ああ、ママ、おいしそう!」と言ってもらいたいですから!

果物の料理

果物を、メインの料理に使うというのが長い間、わたしの苦手とするもののひとつでした。
代表格は、中華料理の酢豚ですね。酢豚に入っているパイナップル! あれは昔から許せないと思っておりました。
他にも、和食でいえば、この時期だと柿の白和えとか、あと正月のなますに柿を入れたりもしますが、あれも苦手です。
フランス料理ですと、鴨のオレンジソースなんかは確かにまずくはないのですが、私はどうもやっぱり、苦手なんですね。
生ハムとメロン、というのも、別にこれも食べられなくはありませんが、それが「とてもあう」と言われることには「???」という思いでした。

ところが、いちじく、を食べてから考えが一変したのですよ。
いちじくはご存知のとおり、秋の一定期間にだけ出てくる果物です。独特の風味と歯ごたえというのか、感触がありますよね。
これをフルーツ的な感覚で、ワインなどで煮付けてバニラアイスクリームなどと一緒に食べるのはなんともおいしいものです。

でもこのいちじく、天ぷらにするとおいしいのですよ!
はじめて天ぷら屋さんで食べたときは「でた! フルーツの料理だ!」と眉をひそめたのですが、いやはや、これがうまい。
そうして、いちじくが気になりだしたら、料理番組で「生ハムとメロンというけれど、いちじくと生ハムのほうがあう」というのを聞いて、早速やってみたら、うん、確かにいちじくと生ハムはすばらしいカップリングなんです。ワインにぴったりですよ。

それと、いちじくをくりぬいて、練りゴマのクリームで和えたもの。これは割烹料理屋さんの前菜で出てきたのですが、もはや、果物ではなく、繊細な野菜料理といった感覚でした。ねっとりしたコクのあるゴマの和え衣と、いちじくのジューシーで独特の甘みがたまりません。このとき、ゴマ和えの衣のほうはですから甘みをつけません。

どうも子供の頃の給食のイメージ、酢豚に入った黄色黄色した、甘酸っぱいパイナップル(ちなみにパイナップルそのものは好物)の違和感がトラウマになっていましたが、こうして食べてみると、やはり上手に相性を考えて作れば、果物の取り合わせもすてきな酒の肴になるのだということがわかりました。