秋なすで

俗に「秋なすは嫁に食わすな」という言葉があるけれど、これをわたしは当然のように「おいしい秋なすを姑がいじわるして食べさせない」といったイメージでとらえておりました。
その解釈もあるのですが、いっぽうで、秋なすはおなかを冷やすとかおいしくて食べ過ぎるとよくないとか、嫁の(特におなかに赤ちゃんがいるような場合)体を心配しての意味合いもあるらしいですね。

茄子、は、わが家の家族全員の好物です。
子供たちは特にナスが入ったパスタが好きで、うちではナポリタンでもなすをいれるのです。
それから、茄子の味噌炒めですね。
本当は一度油で揚げてからのほうがおいしいのですが、私は面倒なので(というぐらい頻繁に作るので)多目の油で炒め焼きをしてから、砂糖どばっといれ、味噌とだし醤油少々、足りないようなら水をすこし足して炒め煮します。
この茄子の味噌炒めは、地方によっては油茄子とか、茄子の油煮とかさまざまに呼ばれているようですし、味噌の種類によってもお味が違うのでしょうが、みなさん大好きなお惣菜のひとつではないでしょうか。

夫と私は焼き茄子が一番好きです。
コンロで真っ黒になるまで焼いて、皮をむいて、そこにおろししょうがと麺つゆかけて食べたりします。

それから一本漬けですね。
茄子をまるごと1本、漬けます。これはごはんと漬け物、より、お酒にあうような気がします。

ただ焼いて、おろしショウガで食べるのもおいしいですし、揚げ茄子にトマトソースを和えたものでワインもいい、みそ汁の具にもいいですね。本当に茄子は食卓のいろどりを増やしてくれる、貴重な食材です。

あまり他では見ない食べ方では、わが家は「和風マリネ」にしてよく食卓にのせます。
茄子は揚げるか炒めて、しんなりさせます。他にしめじやきのこ類、あるいはズッキーニなんかも一緒に炒めて、まだ熱いうちに和風の醤油風味のドレッシングにマリネします。秋なら銀杏などを加えると特においしくなります。
これは、たとえばお客様がいらした時など前日から作っておけますし、焼豚とか、刺身なんかにあわせて和風の献立でもすてきなサイドメニューになります。また、ドレッシングをイタリアンやフレンチにかえれば、ワインにあう洋風のマリネにもなります。
もし、グリルパンがあるのなら、ななめ格子に焼き色をつけると、かなり見栄えがよくなりますよ。

これからますます茄子がおいしい季節です。ぜひ1品、今夜にどうでしょう。

たまならいおいしさ!

私はお菓子の中でも特にチョコレート味のものが大好きです。
チョコレートアイスにチョコレートケーキ、いくつが味の種類があるようなお菓子でも、必ずチョコレート味を選んでしまいます。

これは、友達が買って切れくれたチョコレートケーキの写真です!!とってもおいしそうでしょう??

たまならいおいしさ!

濃厚なチョコレートで甘さも控えめだったのでパクパクと食べ続けてしまい、あっという間に間食をしました。
本当においしいチョコレートケーキでした。

東京で一緒に住んでいた友達とは、本当に色々なものを食べて歩きましたね。
二人とも食べるのが大好きだったし、とにかくどこへ行っても楽しくてたくさん笑っていました。

たくさん笑えばもちろんお腹も減りますから、ごはんもデザートもお酒もとにかく食べましたね。デザートの食べ放題も5回くらい行きましたよ!
吉祥寺にあるお店なんですが、すごくリーズナブルなお値段でデザートが食べ放題だったので印象に残っています。

なにかお祝いごとがあった場合も、お家で二人でケーキを食べました。お互いの誕生日やクリスマス、雛祭りなど・・・。
二人で一緒に食べることでさらにおいしさ倍増していましたよ☆また近いうちにデザート食べ放題のお店に行く予定です!

友達と一緒にバーチャルオフィスでも借りて、食べ歩きガイドの会社でも設立しようかな~(笑)もちろん扱うお店は食べ放題中心のお店だけ!
やっぱり会社を設立するリスクって大きいのかな?
まあ、冗談です(笑)

銀座をいただく。

先日、久々にお菓子のお取り寄せをした中の一品。
実は食べたことがないんですが、間違いなくおいしいだろうと思いチョイスです。
じゃんっ。
銀座をいただく。

ホワイトショコラのちーずサンド。
銀座は白雪亭のお菓子です。

銀座と言えば、最近ユニクロやGAPなどのカジュアルファッションのお店がどんどん進出してるそうですね。
ちょうどTVをつけた時に、ユニクロのオープンにたくさんの人が押し掛けたという話をやってて、およそ銀座っぽくないおばさまがインタビューされておりました(笑)
銀座、という言葉は1つのブランドだった気がしますが、これからはそれも庶民化されていくのでしょうね。
そんな私は当然銀座未体験組です。

銀座は未体験ですが、銀座のお菓子はいただきますぅ~。
ホワイトショコラ、おいしいです。
ラングドシャにホワイトチョコとチーズクリームをサンドした、濃厚かつ上品なお味。
チョコとこのラングドシャってどうしてこんなにぴったりなんでしょうねぇ。
ついつい手が伸びてしまいます。
同じような味覚を持つ娘も同様に手が止まらず、あっという間に半分に。
危ない、銀座は危ないです(笑)

二人でけん制しつつ、明日に持ち越させることにしました。
また明日は壮絶な戦いを娘と繰り広げます。

そうだ、明日は妹が遊びにくるんだった!
娘とケンカにならないよう、妹にあげることにしましょう。
明日は妹にとっては決戦の日。
なんでもいよいよ、婚活パーティーなるものに参加するらしいですよ!

この間電話がかかってきて、
「お姉ちゃん!婚活パーティーの服装ってどうすればいい??」
なんて聞かれました。
私が知るわけないのにね~(笑)

でもまぁ、いつの世代も男性が好む女性の服装なんて同じような感じです。
要は「女性らしく」あればいいのです。
具体的にはワンピースとかヒラヒラスカートとかね。
そう伝えると「分かった!」と言って、さっそく買いに出掛けたようですよ。

そんな妹に、ぜひとも良い出会いがあればいいと、
なんだか親ごころのように思うのです。

韓国スイーツを食す。

娘が、習い事のお友達が韓国旅行に行ったんだって~、ということでお土産にもらってきた韓国菓子。
「いっぱい散るから気を付けて食べてね」と注意を受け、さっさと食べちゃったんです。
で、食べた後に気付いちゃった、写真撮ればよかったぁ。
とりあえず、パッケージのみパシャッ。
韓国スイーツを食す。
真ん中の切れ目はご愛嬌(笑)

えっと、韓国語は読めませんが、英語でライスケーキクッキーって書いてあるので、おもち入りクッキーってことですね。
普通はクッキーの中身はチョコレートだったりしますよね。
でも、これの中身は確かにおもちでした。
冷たい状態でも固くなくてもっちり。
こんな組み合わせもありなんだとちょっと感心してしまいましたよ。

さっそくネットで調べてみました。
おもちを蒸してから、クッキー生地に包んで焼きあげるんだそうです。
特許を受けた技術らしいですよ。
韓国食材を売っているお店に売っていました。
思ったよりお安いですね。
私が見たお店では、5個入りで120円でした。
円高のおかげでしょうか♪
このお値段なら、普段のおやつとしても購入できそうです。

今度、お友達と韓国料理を作ってみようかという話をしているので、韓国食材を購入するときについでにこれも買っちゃおうかな。